廃車寸前の車でも買取可能

事故車や不動車は廃車になってしまうと思われる方が多いです。ですが、動かない車でも買い取ってもらうことが出来ます。スクラップしてしまう前に一度中古車買取業者に査定をしてもらいましょう。ここからは、実際に不動車でも買取してもらえた車の例を紹介していきます。

不動車の買取例

  • H21年式 スズキエブリイバン 65000円
  • H23年式 トヨタヴィッツ 100000円
  • H15年式 トヨタカローラ 80000円

廃車を売るメリット

無駄な場所を取らない

自宅の一部にいつまでもい続ける車は、場所を無駄にしてしまっています。車一台分の場所は結構な大きさなのでなくなるととても広く感じるでしょう。駐車場を借りている場合は、尚更です。毎月数万円の駐車場代を払い続けるのはとてももったいないです。

無駄な費用(税金)を払わない

車だけでなくバイクや金融車も同じですが、使っていても使っていなくても毎年の税金は取られてしまいます。自動車税は一年分を前払いするので、4月になったら払う義務が発生してしまいます。ですが、廃車を手放していると自動車税を請求されることはありません。

買取金額が出る可能性がある

放置していてもお金が減っていくだけの廃車ですが、売ることで買取金額がもらえることもあります。相当古かったりしない限りは買い取ってもらえるでしょう。お金を吸うだけの存在は臨時収入に早変わりします。

日本で役目を終えた廃車が海外へ行く理由!

虫眼鏡

廃車でも買取可能なわけ

なんで走れない車に買取金額が発生するのか不思議に思われる方もいると思います。それは、再利用の価値があるからです。エンジン部分が壊れていたとしても、それ以外の部分は、中古の部品として取ることが可能になります。そのために買取金額が発生するのです。

海外へ送られることも

日本では使えない車だとしても海外では修理して使う価値のある大切なものです。日本車は丈夫で乗り心地がいいといわれています。特に発展途上国では日本車をよく目にします。事故車や不動車であっても、パーツ単位で取引されるのでなんの問題もありません。

[PR]金融車の買取業者を紹介☆
適正価格で引き取ってくれる!

[PR]廃車費用を抑えたいなら注目!
面倒な手続きを無料で代行してくれる

[PR]不要なバイクは買取業者に引き取ってもらおう
高額査定を出してくれる☆

広告募集中