金融車購入時に気を付けるポイントを知っておこう

安く購入できる金融車とは?選び方を知っておけば安心

金融車ってなに?

金融車とは、車の購入時に自動車ローンを組んだが、完済しきれずに売却したか手放した車のことです。なのでローンが残ったまま流通している状態といえます。所有権留意を得られる信販系ローンやディーラー系ローンを組んだ場合の話なので、それ以外のローンでは金融車とは言いません。

金融車の注意点

保険に加入することが出来ない

名義変更が出来ない金融車では、保険に加入することが出来ません。任意保険に加入できないと、もし事故を起こしてしまった時に、ほぼすべての負担を自分が背負うことになります。これはとても大きな注意点になります。

車検に通らなくなる可能性がある

車検を通すためには、必要書類がないといけません。車の名義は誰になっていても大丈夫です。ですが前所有者はローンの支払いに追いつかなかった方なので、自動車税を払っているとは限りません。また、違反した際に必要な違反金を支払っていないこともあります。なので必要書類がないことも珍しくなく車検に通らないこともあります。

強制抹消

一時抹消登録や永久抹消登録などの手続きを行うためには、車検証やナンバープレートや印鑑証明書などが必要となりますが、強制抹消には必要ありません。この手続きをされてしまうと、手元に車検証やナンバープレートがあったとしても車検に通すことが不可能となります。

税止め手続き

税止め手続きとは、自動車税の課税者が税金を止めることです。この手続きには、所有権が会社にあるリース車に多く見られています。リース車両を勝手に売られた会社は、税止め手続きを行うことがあります。それは、会社に無事戻ってくるかわからない車の自動車税を負担していることを誰でも無駄に感じます。税止め手続きをされてしまうと次回の継続車検に通らなくなってしまいます。

永久抹消登録が出来ない

永久抹消登録をするためには、所有者の印鑑証明書や委任状が必要となりますが、用意することがとても難しいでしょう。なので金融車の抹消は一人でおこなことは不可能に近いです。状態が綺麗なら金融車を取り扱っている中古車やが買い取ってくれるかもしれませんが、状態が悪いとそれも無理でしょう。

金融車購入時に気を付けるポイントを知っておこう

車と電卓

最大のメリット

ここまで金融車を購入する時の注意点について解説してきました。一見注意しなければいけないことがたくさんあるように感じますが、それをすべて打ち消すメリットがあります。それは、安く購入することが出来るということです。一般的な中古車に比べると半額以下で購入できることは珍しくありません。

売却する時

金融車は、一般的な中古車買取店に売ることが難しいです。前の購入者のローンが残っている状態なので名義を変更できないという理由からです。なので、売却する時は金融車を取り扱っている専門店を利用するしかありません。あまり金融車専門店は数が多くないので近所から探すことは難しいかもしれません。

金融車の選び方

注意点の多い金融車は選ぶのが難しいです。購入時の確認を怠ると、前所有者が盗難届けをだして、警察に捕まってしまうこともあります。そうならないためには業者選びが大切です。手続きが適当な販売店からは絶対に購入しないようにしましょう。後々めんどくさいことになります。口コミで販売店の評判を調べることも有効でしょう。

必ず発行してもらう

購入する際は、元所有者であるローン会社や個人に連絡できるか確認しておきましょう。また、販売店から契約書と領収書を発行してもらうことで、車を購入したという証明になります。これにより車の所有を正当化することが出来るので安心です。金融車でも入ることの出来る任意保険があるので、加入しておくと走行に関しても問題ないでしょう。

広告募集中